イヌリンピック

キタル!10月7〜10日
イヌリンピックがやって来るジョギング!
イヌリンピック・・・名付け親は“おじ様”であろうと容易に想像の出来る名前の、
犬の為の運動会がやってきますグー赤い旗

詳細はこちらdown
イヌリンピック

横浜八景島・シーパラダイス(イベント広場)にて、
八景島、参加料共に無料
チョキ

1000頭以上の参加数の上、気軽にエントリーできる競技も数多くあるので
ご家族お友達とも皆で楽しめそうときめき

TOKYO PET SHOW 2006

続き

 さてさて大変な思いをして写真を撮った後は採血をして酸過度を測ることに。
酸過度とは、血中の過酸化脂質の量を測定する事で決定し、これによって細胞の酸化(破壊)度が分かるというもの。
細胞が酸化する要因として、

1.強烈な紫外線
2.タバコ
3.住居用洗剤などの化学物質
4.お留守番、運動不足のストレス
5.排気ガス
6.古くなったフード、一部の食品添加物
             (FANCL ペットシリーズより)

今の日本人の生活スタイルでは難題だとは思いませんか?
特に3.4.5.6.!
今は核家族の上共働きのお家も多いから、普段は家に犬だけがお留守番・・・って多いですのね。
洗剤の化学物質も人間のアレルギーの原因の元にもなっていますよね。
排気ガスなんて外に出れば逃れられないし食品添加物もドライフードが当たり前となった今、摂取しないで済むのは難しい。
人間の食事にも、農薬やら着色料やら防腐剤やら、知らないだけで毎日口にしている人がほとんどのはず。

愛犬がどれだけこれらの被害にあっているが数字に出てくるのがこの検査。
普段からモモにどれだストレスをかけてしまっているか気にしていただけに、数字で出てくるのはとても嬉しい。
が、反面あ〜ドキドキラブ
(どうしよう、超ストレス状態だったら冷や汗

診察台にモモを乗せ、ちょっとカッコいい獣医さん2人に(2人ともカッコいいんだまたチョキ)嫌がるモモを尻目にニヤケながら無事採血終了。
外にいたコンパニオンさん達と戯れながら採血結果を待っていると・・・
「モモちゃんの飼主さん永倉さ〜ん」とお姉さんの声。

はいはい!と返事をすると
「モモちゃんの酸過度検査の結果ですが・・・」
ドキドキショック
「37です!」
(ん?た、高い?!)
「それって・・・どうなんですか??」
「はい、これが犬の酸化度の目安なんですが、正常レベルが120以下、軽度の酸化状態が120〜140・・・つまり驚異的な低さです!生後数ヶ月のワンチャンでもこの数字は出ませんよ! 後ほど改めてこの酸過度に対するアドバイスが送られてくると思いますが、高齢なので気をつけてとしか書きようが無いと思います。」

・・・やった〜!本当に言いました。その上小躍りしちゃいました。
だって嬉しいですよ!
どんなに犬という生き物を勉強しても、24時間一緒にいたとしても、言葉が通じないのは事実。ソロモンの指輪があればと何度思ったことか・・・
これが数字、しかも血中の酸化度でストレスが低いと証明されればこんなに嬉しい事は無いですよね。
参考までに酸過度目安を乗せておきますね。

正常レベル120以下
軽度な酸化状態120〜140
中等度な酸化状態140〜160
重度な酸化状態160以上
              (FANCL ペットシリーズより)

そして次に向かったのはそのソロモンの指輪を持つというジョイス・リースさんのトークショー
(ここではあまりトークというトークはしていませんでした。参考に彼女のサイトのURL乗せておきますね!
http://www.animalcommunicator.com/index.html)
その後も様々なブースを巡って来ました。
そういえば犬のウォッシングマシーンも見ましたよ!
(ありゃどうなの?)と思ったけど、友人の話によるとドイツでは既に一般化されつつあるらしい。モモはビックリして心臓発作で倒れそ〜冷や汗

思いっきり一日遊んで、
帰りの車の中ではモモが死んだように眠っていましたポッ           

TOKYO PET SHOW 2006


ごめんなさい!最初に謝っちゃいます!モゴモゴ
今回は私の愛犬の事を親バカタップリで書かせてくださいショック
先週、ニュースでも大々的に取り上げられていた、
幕張で開催されたペットの祭典・『東京ペットショー2006』に愛犬モモと、家族総出で行って来た拍手のですが、親バカ抜きではこの日の事は語れないのですパクッ


ペットショーは、ペットがより豊かに暮らせるための新製品・サービスを提案すると言う事を目的で行われました。

様子ですが、ペット同伴が許されているため、いるはいるは犬・人・犬!
犬も人も一緒に入れる嬉しさいっぱいといった様子ハート

中では、様々な業者が自社の新商品の紹介をしたり、コンピューターペット・アザラシのゴマちゃんが人や犬を驚かせたり、ステージではCanon主催のプロカメラマンによる動物を綺麗に撮る技術の紹介をしていたり、はたまた運動不足のワンチャンと飼主さんに嬉しい、犬のヨガ“ドガ”が行われたりとイベント盛りだくさんで皆さんとっても満喫出来たようです。


さて私たちの様子はというと・・・
もう駐車場に着くや否やとにかく興奮してきちゃって・・・
(興奮したのは私。モモはそこそこ)。
今回は仕事抜きで家族と行ったという事もあり、
完全にただの親バカモード100%。
普段からモモの散歩をする時も、生徒さんがいついるとも限らないので、
やはり何処か意識しているところがあるんですね。

しか〜し!この日ばかりは意識しようにも私の犬&親バカボルテージが勢い良すぎて良すぎて・・・無駄な抵抗はするべきじゃないと諦め家族揃って親バカ一直線。 
モモも会場入る前からスタッフさん数人にキャーキャー言われてフル稼働で愛想振りまく振りまく。さすがパピヨン調子いいわショック

会場入りして私たちがまず向かったのが、写真の撮影カメラ
これはCanonが一眼レフ・デジタルカメラの宣伝としてサービスで行ったもので、セットである4つのベンチに犬を一頭ずつ座らせ、飼主さん自らがCanonのカメラを使って撮影を行い、お気に入りの一枚をプリントしてプレゼントしてくれるというなんとも親バカにはたまらないサービス。

長蛇の列に並び、様々な犬が撮られるのを見ていると、
いや〜みなさん本当我が子のような可愛がりっぷり。
我が子の最高の写真を撮るべしグーと、
犬が震えていようが、待ちに飽きていようがなんのその!
餌を使ったりおもちゃを使ったり、あれやこれやの手を使って
我が子に最高の笑顔を作らせんと必死! 
そんな様子を、「・・・汗」と見ていた私も、いざカメラを手に取ったら御多望にもれず必死そのもの。

まずモモをベンチにお座りをさせて、
(これを見てスタッフさんが「えら〜い」と褒めてくれたのに対して、聞こえないように母:「当たり前よ、モモモだもん」・・・さすが筋金入りの親バカびっくり
役割分担は私がカメラ、他の家族がモモの気を引く事に。
普段使い捨てカメラ等で撮る時は、高い声を出して左手の指を鳴らしたりする事で気を向かせるけど、今回は両手でシッカリ安定させなくてはいけない一眼レフ。最高の表情作りは母達の手にかかっている!というのに・・・
カメラに顔を向かせる事に必死で自分達がドンドンフレームイン。びっくり
「邪魔〜怒り」と叫ぶ私の声が飛び続けました。

そんな大変な思いをして最高の一枚を撮った次は・・・

   (つづく)
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Recommend
Dogs in the Sun
Dogs in the Sun (JUGEMレビュー »)
Hans Silvester
犬と素敵な町が好きな人には必見です!疲れた時に見ると
“癒される”という言葉の意味が分かります。
Recommend
Cats in the Sun
Cats in the Sun (JUGEMレビュー »)

心を癒してくれる一冊です。ギリシャの素敵な町にのんびり暮らす猫達の写真集。
Profile
Links
Other